敏感肌の方へ。肌の水分不足を解消し、肌のバリア機能を向上させ、外的刺激から守るような正しいスキンケアをすれば、美肌を手に入れることは可能です。

敏感肌の人のための化粧水の選び方

敏感肌でも安心して使える化粧水とは

敏感肌の人は、通常市販されているような化粧水を使うと、肌が赤くなったりごわごわしたり、痒みをともなったりすることがあります。それは肌が化粧水に配合されている香料や保存料などの化学合成成分に過敏に反応してしまうためです。
とくに、配合されているアルコールに刺激を感じる人が多いようです。酒税のかからない添加物の入った加工アルコールの中に配合されている添加物に、肌が反応するようです。

そのため敏感肌の人は、より低刺激のものを選ぶ必要があります。パラフィンやシリコンなどの化学合成された成分や人工的に作られた香料、合成着色料、加工アルコール、また合成保存料などの添加物が入っていない、100%天然植物原料のものを選ぶとよいでしょう。
アルコールも、加工アルコールではなく、飲用できる非加工アルコールを選ぶことが重要です。

100%天然植物原料のものであれば、人工香料、合成着色料や保存料など化学合成成分などの刺激もありませんし、敏感肌はもとよりどんな肌質の人にも安心してお使いいただけます。

敏感肌でも使える化粧水の選び方

100%天然植物原料で作られた化粧水であれば、敏感肌の人にも安心してお使いいただけます。

化粧水を選ぶ際は、全成分が明確に表示されていることが大前提です。さらに、パラフィンやシリコンなど人工的に製造されたものではなく、植物から抽出された原料であることを確認しましょう。また、配合されているアルコールも、非加工アルコールであることが重要です。
なお、たとえ植物由来のものであっても、その植物を人工的に育てていたり、農薬たっぷりで育てていたら、残留農薬に刺激を感じてしまうことがあるので、その植物がどんな土地でどのように育てられたか、というのも重要です。

化粧水を選ぶ際は、原料やその品質が明確に表示されているか確認しましょう。

化粧水を選ぶ上で気をつけるポイント

敏感肌の人にとっては、人工香料や合成着色料、合成保存料、加工アルコールなどの化学合成成分は大敵なので、これらの成分が入っていないものを選びましょう。
また、肌によいとされる植物由来の原料を使用しているクリームの場合は、その植物がどのように育てられたか(農薬を使っていないか)なども重要になるので、原料やその品質が明確に表示されているかを確認しましょう。

化粧水を選んだらテストをしましょう

原料表示を確認し選択したら、敏感肌の人は使用する前にパッチテストを行うことをおすすめします。パッチテストとは、腕の内側の皮膚が柔らかい部分に少量を塗り、数時間から1日程度放置し、赤みやかゆみなどの変化がないか調べることです。

パッチテストで変化がなければ、実際に顔に使用してみて、肌のつっぱり感がないか、かゆみやカサカサなど肌に変化がないかも確認しましょう。

たくさんの種類の化粧水でパッチテストを行うのは大変ですが、少しの刺激で赤みやかゆみなどの変化が出てしまう敏感肌の人にとって、自分の肌にあった化粧水なのかを判別するのには有効な方法です。

マリエンの化粧水

「フェイシャルケアシリーズ」の化粧水「コンディショニングウォーター」は敏感肌の方でもお使いいただける100%天然素材の化粧水。
クレンジングの「ナイトクレンジング&モイスチャーミルク」と合わせてお使いいただくことで、つけたときに肌に深く浸透する感覚を実感いただけます。
また、「コンディショニングウォーター」は香りも人気。毎日のフェイスケアを癒しの瞬間にできます。
まずはスターターセットからはじめてみましょう。

「コンディショニングウォーター」の詳細へ

【化粧品選びのポイント クリーム】へ

ユーザーインタビュー「脂性肌が改善。もう他は使えません!」

マリエン薬局のフェイシャルケア スターターセット